初心者のためのキーボードの使い方




キーボードには、それぞれ重要な役割をするキーがあります。
それを知らないと、思わぬトラブルになってしまいます。

ここでは知っておくべき、キーボードの主なキーの役割を説明します。

まずはじめに初心者が戸惑うのは、キーボードのキーの配置です。

アルファベットにしても、五十音にしても配置がバラバラです。マウスでプログラムやアプリを起動して、文字や数字を入力するのはキーボードの役割です。

インターネットで何かを調べたいというときにも、検索欄にキーワードを入力できなければ調べることができません。

キーボードは貴方の命令を、コンピュータに伝えるための重要な道具です。

文字入力の種類

キーボードの「キー」には、一つのキーにいくつもの文字が書いてあります。他のキーと一緒に使って、一つのキーを使い分けています。

日本語の入力方式には、「ローマ字入力」「かな入力」があります。

ローマ字入力は、キーボードからローマ字を入力して、日本語に変換する方式です。
例えば、「英語」と表示したい時には、キーボードからローマ字で「eigo」と入力して「英語」に変換して使います。

かな入力は、キーボードのひらがなのキーで「えいご」と入力して「英語」に変換して使います。

「ローマ字入力」と「かな入力」のどちらを使うのかは、貴方の好きな方でかまいません。
今までに、ワープロで「かな入力」を使っていたというような方は、「かな入力」を選んでも良いでしょう。

しかし、今までに全く使ったことがないなら、「ローマ字入力」をおすすめします。

  • ローマ字入力の方が一般的になっている。
  • キーボードのキーを覚える数が少ない。
  • パソコンの最初の設定が、ローマ字入力になっている。

などの理由があります。

文字キーの見方と入力方法
キーボードのキーには、最大4つの文字や記号があります。
キーの左側の文字は「ローマ字入力」、キーの右側の文字は「かな入力」で入力します。

日本語入力と英数入力の切り替え

入力の切り替えは、キーボードにある[全角/半角]キー で行います。

パソコンで文字を入力する時には「全角と半角」の違いがあります。

半角 12345 ABC
全角12345 ABC

パスワードの入力などは、半角で入力する場合がほとんどです。

メールアドレスは、半角文字しか使えません。

「全角/半角」の切り替えは「半角/全角/漢字」キーで操作する

現在の状態が「全角/半角」のどちらかは、通知領域にある言語表示で知ることができます。
図では「全角」になっていることがわかります。

この状態で「半角/全角/漢字」キーを押すと次のように「半角」になります。
「半角/全角/漢字」キーは押す毎に、半角と全角を繰り返します。

マウスの右クリックで操作する

マウスのポインタで通知領域の 「A」 「あ」 の上を、右クリックします。
図のようなメニューがでます。

●Google日本語入力の場合
「ひらがな」のときは「ひらがな」
「アルファベット」のときは「直接入力」を使います。

●IME日本語の場合
「ひらがな」のときは「ひらがな」
「アルファベット」のときは「半角英数」を使います。

キーボードの主な「キー」の役割

1 Caps Lock (キャプスロック) キー
このキーはアルファベットの大文字を入力する時に使う キー です。

使い方はShift(シフト)キーを押しながら、「Caps Lock」キーを押します。
キーボードによっては、「Caps Lock」が有効のときはランプが点灯します。

もう一度、同じ操作をするとアルファベットの小文字入力に戻ります。

2 Esc (エスケープ) キー
いま実行している操作をキャンセルするという意味があります。

コピーの操作をした後に「Esc」キーを押せば、キャンセルされます。

また、エクセルや検索窓に入力した場合、文字を確定させていない時に「Esc」キーでキャンセルできます。

3 ファンクションキー
使用するソフトにより、それぞれの機能が割り当てられている。BIOS画面を表示したりするのはF2が多い。

4 Backspace (バックスペース) キー
Backspace (バックスペース) キーはカーソルの左側の文字を消します。

5 Num Lock (ナムロック) キー
Num Lock (ナムロック) キーが有効の場合は、数字キーを使用することができます

また、図のようなランプが点灯します。

Num Lock (ナムロック) キーが無効になっている場合は数字キーを使用することはできません

無効の場合はカーソルを移動したりすることができます。

また、Num Lock (ナムロック) キーのランプがない場合はPCの画面に図のような有効か無効の状態が分かるように表示されます。

6 Shift (シフト) キー
Shift (シフト) キーを押しながら、文字キーを押すとアルファベットの大文字を入力することができます。

7 Ctrl (コントロール) キー
Ctrl (コントロール) キーは他のキーと合わせて使うと、特定の機能を実行します。

たとえば、「Ctrl+C」 (Ctrl キーを押しながら Cのキーを押すという意味です。)

  • 「Ctrl+C」…選択した文字をコピーします。
  • 「Ctrl+V」…上でコピーしたものを貼り付けることができます。

8 Alt (オルト) キー
Alt (オルト) キーは他の文字キーと組み合わせて、特定の機能を実行します。ソフトウエアにより機能が異なります。

9 Enter (エンター) キー
Enter (エンター) キーは作業の実行を決定する時に使うキーです。

10 Delete (デリート) キー
Delete (デリート) キーは入力した文字などで右側にある文字を消します。

11 矢印キー
矢印キーはカーソルを動かしたり、複数のページの次の画面を表示できます。

コピー・アンド・ペースト

文字や文章をコピーして、貼り付けるという作業は良くあります。

コピー・アンド・ペースト(コピー&ペースト)とかコピペなどといいます。

コピペのやり方は、図のようにマウスでドラッグすると、色が変わります。

●コピーする
このように文字の色が変わった状態で
「Ctrl+C」…「Ctrlキー と Cのキー」を同時に押すことで「選択した文字をコピー」することができます。

●ペースト(貼り付ける)する
「Ctrl+V」…上でコピーしたものを、メモ帳などのテキストに貼り付けることができます。

例えば、メモ帳に貼り付けるとしたら、メモ帳を開いてから「Ctrl+V」とキーを押せば貼り付けることができます。

コピー&ペーストの方法は、マウスの右クリックでもできます。

初心者のためのキーボードの主なキーの役割を終わります。

記号の入力方法

キーボードのキーには、キーによっていくつもの英数字や記号などがついています。
キーボードの「記号」を入力する方法を説明します。

入力モード=半角英数

入力モードを「半角英数」にして行います。

記号 読み方 入力キー
! エクストラメーション Shiftキー+1
? クエスチョンマーク Shiftキー+め
ダブルクオーテーション Shiftキー+2
# シャープ Shiftキー+3
$ ドル Shiftキー+4
% パーセント Shiftキー+5
& アンド Shiftキー+6
シングルクオーテーション Shiftキー+7
( 左括弧(バーレン) Shiftキー+8
) 右括弧(バーレン) Shiftキー+9
[ 大括弧(ブラケット) 「(゜)
] 大括弧閉じ(ブラケット) 」(む)
{ 中括弧(ブレース) Shiftキー+「
} 中括弧(ブレース) Shiftキー+ 」
< 小なり(レスザン) Shiftキー+ね
> 大なり(グレーターザン) Shiftキー+る
^ カレット
~ チルダ Shiftキー+へ
円マーク
| 垂直バー Shiftキー+¥キー
@ アットマーク Pの右隣のキー
` バッククオート Shiftキー+@
: コロン
; セミコロン
, コンマ
. ピリオド
* アスタリスク Shiftキー+け
_ アンダーバー Shiftキー+ろ
マイナス
= イコール Shiftキー+ほ
+ プラス Shiftキー+れ

入力モード=ひらがな

カギカッコ”「」”の入力方法は、入力モードを「ひらがな」にして行います。

記号 読み方 入力キー
カギカッコ 「(゜)
カギカッコ 」(む)