初心者向けパソコンのキーボード操作法

初心者の方がパソコンで初めにとまどうのが、キーボード操作です。キーの配列もパラバラに見えます。

この記事ではパソコンのキーボードの基本的な知識を使い方を紹介します。パソコンのキーボード操作について基本的なことを知りたい方に参考になります。

目次

初心者向けパソコンのキーボード操作法

キーボードの「キー」には、一つのキーに いくつもの文字 が書いてあります。
他のキーと一緒に使って、一つのキーを使い分けています。

キーボードの「キー」の見方

  • キーボードのキーには、最大4つの文字や記号があります。
  • キーの左側の文字は「ローマ字入力」、キーの右側の文字は「かな入力」で入力します。

日本語の入力方式には、「ローマ字入力」「かな入力」があります。

ローマ字入力 は、キーボードからローマ字を入力して 日本語に変換 します。

例えば、「英語」と表示したい時には、キーボードからローマ字で「eigo」と入力して「英語」という文字に変換します。

かな入力は、キーボードのひらがなのキーで「えいご」と入力して「「英語」という文字に変換します。

「ローマ字入力」と「かな入力」のどちらを使うのかは、貴方の好きな方でかまいません。

しかし、これからパソコンを使うなら、「ローマ字入力」 をおすすめします。

ローマ字入力の特徴

  • ローマ字入力の方が一般的になっている。
  • キーボードのキーを覚える数が少ない。
  • パソコンの最初の設定が、ローマ字入力になっている。

日本語入力と英数入力の切り替え

[全角/半角]キー で切り替える方法

日本語入力と英数入力の切り替えは、キーボードにある[全角/半角]キー で行います。

現在の状態が「日本語」入力の場合は、通知領域にある言語表示が「あ」になります。

「半角/全角」キーを押しすと、「英数」入力になり通知領域の表示が「A」になります。

マウスの右クリックで入力を切り替える

マウスのポインタで通知領域の 「A」 「あ」 の上を、右クリックします。
図のようなメニューがでます。

■ Google日本語入力の場合

「ひらがな」のときは「ひらがな」
「アルファベット」のときは「直接入力」を使います。



■ IME日本語の場合

「ひらがな」のときは「ひらがな」
「アルファベット」のときは「半角英数」を使います。

キーボードの主な「キー」の役割

1 Caps Lock (キャプスロック) キー
このキーはアルファベットの大文字を入力する時に使う キー です。

使い方はShift(シフト)キーを押しながら、「Caps Lock」キーを押します。
キーボードによっては、「Caps Lock」が有効のときはランプが点灯します。

もう一度、同じ操作をするとアルファベットの小文字入力に戻ります。

2 Esc (エスケープ) キー
いま実行している操作をキャンセルするという意味があります。

コピーの操作をした後に「Esc」キーを押せば、キャンセルされます。

また、エクセルや検索窓に入力した場合、文字を確定させていない時に「Esc」キーでキャンセルできます。

3 ファンクションキー
使用するソフトにより、それぞれの機能が割り当てられている。BIOS画面を表示したりするのはF2が多い。

4 Backspace (バックスペース) キー
Backspace (バックスペース) キーはカーソルの左側の文字を消します。

5 Num Lock (ナムロック) キー
Num Lock (ナムロック) キーが有効の場合は、数字キーを使用することができます

また、図のようなランプが点灯します。

Num Lock (ナムロック) キーが無効になっている場合は数字キーを使用することはできません

6 Shift (シフト) キー
Shift (シフト) キーを押しながら、文字キーを押すとアルファベットの大文字を入力することができます。

7 Ctrl (コントロール) キー
Ctrl (コントロール) キーは他のキーと合わせて使うと、特定の機能を実行します。

たとえば、「Ctrl+C」 (Ctrl キーを押しながら Cのキーを押すという意味です。)

  • 「Ctrl+C」…選択した文字をコピーします。
  • 「Ctrl+V」…上でコピーしたものを貼り付けることができます。

8 Alt (オルト) キー
Alt (オルト) キーは他の文字キーと組み合わせて、特定の機能を実行します。ソフトウエアにより機能が異なります。

9 Enter (エンター) キー
Enter (エンター) キーは作業の実行を決定する時に使うキーです。

10 Delete (デリート) キー
Delete (デリート) キーは入力した文字などで右側にある文字を消します。

11 矢印キー
矢印キーはカーソルを動かしたり、複数のページの次の画面を表示できます。

記号の入力方法

キーボードのキーには、キーによっていくつもの英数字や記号などがついています。

キーボードの「記号」を入力するときは入力モードを「半角英数」にして行います。

記号読み方入力キー
!エクストラメーションShiftキー+1
?クエスチョンマークShiftキー+め
"ダブルクオーテーションShiftキー+2
#シャープShiftキー+3
$ドルShiftキー+4
%パーセントShiftキー+5
&アンドShiftキー+6
'シングルクオーテーションShiftキー+7
(左括弧(バーレン)Shiftキー+8
)右括弧(バーレン)Shiftキー+9
[大括弧(ブラケット)「(゜)
]大括弧閉じ(ブラケット)」(む)
{中括弧(ブレース)Shiftキー+「
}中括弧(ブレース)Shiftキー+ 」
<小なり(レスザン)Shiftキー+ね
>大なり(グレーターザン)Shiftキー+る
^カレット
~チルダShiftキー+へ
円マーク
|垂直バーShiftキー+¥キー
@アットマークPの右隣のキー
`バッククオートShiftキー+@
:コロン
;セミコロン
,コンマ
.ピリオド
*アスタリスクShiftキー+け
_アンダーバーShiftキー+ろ
-マイナス
=イコールShiftキー+ほ
+プラスShiftキー+れ

カギカッコ「」の入力方法は、入力モードを「ひらがな」にします。

記号読み方入力キー
カギカッコ「(゜)
カギカッコ」(む)

ローマ字を入力するには「ローマ字入力表と入力例」を参考にしてください。

■関連記事■ テンキーから数字が入力できない原因は何?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次