パソコンの画面をテレビで見たい




パソコンの画面をテレビに映して、大きな画面で見たいというようなことがあります。

ノートパソコンの小さな画面をテレビの大きな画面で見たいと言うような場合、今のパソコンとテレビなら簡単に接続できることが多いのです。

パソコンとテレビをケーブルで接続することは、ほとんどのパソコンとテレビの場合接続することが可能です。

しかし、パソコンとテレビの双方が「HDMI」に対応していない場合は、「変換アダプタ」というものを使わなければなりません。

そこで、今回はパソコンとテレビの双方に「HDMI」端子があることを条件に説明していきます。

HDMIとは何か

そもそも「HDMI」というのは何かと言うと、「デジタル出力規格」のことです。

HDMI規格では、1本のケーブルで映像と音声の伝送ができるので、パソコンやテレビに限らず、多くのデジタル機器の入出力端子として、最も一般的に使われています。

HDMI端子の形状には、タイプA~タイプEの5種類があります。

パソコンやテレビなどでよく使われているのは、タイプAと言われるものです。

次の図は、HDMIのタイプAを示します。

パソコンとテレビをHDMIで接続する

パソコンとテレビの双方にHDMIの端子があれば、HDMIケーブルで接続するだけで接続は完了です。

マルチモニターに対応しているパソコンであれば、画面を拡張してパソコンの画面とテレビ画面の2画面を使用することができるようになります。

また、デジタルカメラで撮った写真も、デジタルカメラのSDカードをパソコンに接続して、テレビの大画面で見ることができます。

この場合は、パソコンにSDカードを差し込むところあるいはSDカードリーダーが必要です。

最近のテレビは、SDカードを直接入れるところがあるものが多くなっています。この場合は、パソコンは必要ありません。

HDMIケーブルの選び方

パソコンとテレビの双方にHDMI端子があれば、あとはHDMIケーブルがあれば、パソコンとテレビを接続することができることはわかりました。

HDMIケーブルは、通信速度によって次の3種類があります。
スタンダード
ハイスピード
プレミアムハイスピード

名称 通信速度 性能(最大解像度など)
スタンダード 4.95Gbps 1920×1200
ハイスピード 10.2Gbps 4Kコンテンツには向かない
プレミアムハイスピード 18Gbps 4Kコンテンツ用に向いている
バージョン 性能(最大解像度など)
バージョン1.2 1920×1200(4Kコンテンツには向かない)
バージョン2.0 4096×2160(4Kコンテンツ用に向いている)


したがって、HDMIケーブルを選ぶ場合は、価格を気にしないのであれば
プレミアムハイスピードのHDMIケーブルを、選んでおけば間違いないでしょう。

テレビが4Kのテレビでないならば、バージョンは2.0のハイスピードのHDMIケーブルを選んでおけば大丈夫でしょう。

パソコンの画面をテレビで見たい の説明を終わります。




スポンサーリンク