Windows10 SDカードの簡単な使い方




SDカードとは何か?

SDカードの形状は、次のようなものです。

現在では、「SDカード」「microSDカード」が主流で、「miniSDカード」はあまり使われないようです。
「SDカード」はデジカメやPC用に使われ、「microSDカード」は、Androidのスマホなどに使われています。
「microSDカード」をパソコンのSDカードスロットに入れるには、大きさを合わせるためにアダプタを使います。

「SDカード」あるいは「SDメモリカード」は、フラッシュメモリーを使ったメモリーカードに属するもので、電源を切っても、データが保持されるという特徴があります。

Androidのスマホやタブレットを使用していると、簡単に写真を撮ったりできるので、知らないうちに本体の保存データは増えていきます。ストレージ容量がいっぱいになり、撮影した写真や動画を保存できなくなることもあります。

そんなときにはSDカードを使って、写真などのデータの保存先をSDカードに設定しておくと良いでしょう。
また、データ通信ができるUSBケーブルで、パソコンとスマホを接続すればスマホのデータを、パソコンに転送することができるので、転送後にはスマホのSDカードにのデータを削除することも可能です。

SDカードの種類

SDカードは、記録できる容量により呼び方が異なります。

SDカード SDHCカード SDXCカード SDUCカード
 2GB 迄  2GB~32GB  32GB~2TB  2TB~128TB

容量の表示で気をつける点は、使用するデバイス等の機器(カメラやスマホ)が対応しているかどうかです。
「SDXC」対応の機器は、「SD」「SDHC」「SDXC」のカードを使えます。

「SDHC」対応の機器は、「SD」「SDHC」のカードを使えます。「SDXC」のカードは使えませんので注意が必要です。

SDカードの性能表示の見方

次のSDカードの図で、記載されている表示について説明します。

① ロックスイッチ
通常は、ロックスイッチが上にある状態になっています。「書き込み禁止」にするには、ロックスイッチを下にずらします。SDカードに書き込みしようとして「ディスクが書き込み禁止になっています」というエラーが表示されたときには、このロックスイッチを解除する必要があります。

② 読み取り速度
SDカードにのこの数値は、パソコンなどに転送する時間に関係します。読み取り速度が速いほうが短時間でパソコンなどにデータを転送できます。

③ 容量
SDカードの容量を示しています。

④ 容量ロゴ表示
「SD」「SDHC」「SDXC」などの表示をしています。

⑤ スピードクラス
スピードクラスは「CLASS 2/4/6/10」の4種類あります。

⑥ UHSスピードクラス
UHSスピードクラスは「クラス 1/3」の2種類があります。


SDカードリーダーをパソコンに接続する

パソコンにSDカードを差し込む所がない場合は、「SDカードリーダー」が必要です。

SDカードリーダーは、図のような形状をしていますので、パソコンのUSB端子に接続して使います。
SDカードリーダーは、SDカードだけでなく、microSDカードやメモリースティックを挿入するところもあります。

SDカードリーダーの使い方

1.パソコンにSDカードリーダーを接続して、SDカードをカードリーダーに差し込みます。

2.エクスプローラーを開くと、この場合はUSBドライブ(E:) として、SDカードリーダーが認識されています。

この後は、パソコンの設定によりフォルダやファイルの開き方が異なりますので、エクスプローラーの画面から説明していきます。

SDカードのデータをパソコンに移動する方法

SDカードからパソコンへデータを移動する

SDカードをカードリーダーなどで、SDカードをパソコンに接続します。

1.エクスプローラーを開きます。
USBドライブ(カードリーダー)を「Wクリック」して開きます。

2.SDカードにあるフォルダが開きます。
次に、フォルダをWクリックで開くと、画像のファイルが開きます。

3.SDカードの中にある画像のファイルが表示されます。

4.ファイルの表示方法の変更
図のように、表示タブを選択して、表示方法を変えることができます。

デスクトップに新しくフォルダを作りファイルを保存

ここでは、デスクトップに「写真」というフォルダを作って、SDカードの中身をここに保存してみます。

1.デスクトップの何もない所で、「右クリックをする」→新規作成→フォルダの順にクリックをすると、デスクトップにフォルダが出来ます。

2.フォルダの上で、「右クリック」すると下の方に「名前の変更」があるので、クリックして「写真」という名前に変える。

SDカードのデータを「写真」のフォルダへ移動する

SDカードと写真のフォルダを開いて、SDカードの中の移動したいファイルを「ドラッグ&ドロップ」するとファイルがコピーされる。

このようにして、SDカードのデータを保存すれば、SDカードのデータを削除して新たに写真などのデータを入れることができます。

ファイルの選択の方法

SDカードのファイルを一つ選択する

写真のファイルの中から一つのファイルを選択するときは、移動するファイルを選択してクリックすれば良いわけです。

SDカードのファイルを、複数枚選択する

複数の写真のファイルを選択するときは、初めに「Shift」キーを押しながら、一枚目のファイルをクリックします。
次に、選択する最後のファイルをクリックします。
すると図のように、複数のファイルを選択することができます。

SDカードのファイルをランダムに選択したい

初めに「Ctrl」キーを押しながら、選択したいファイルをクリックしていきます。
すると図のように、飛び飛びで複数のファイルが選択できます。

選択した後は、ドラッグ&ドロップで、SDカードにファイルを移動することができます。

パソコンからSDカードにデータを移動する

今までは、SDカードからパソコンにデータを移動しましたが、逆に、パソコンのデータをSDカードに移動することもできます。
やり方は、パソコンのデータを「ドラッグ&ドロップ」すれば移動できます。
とても簡単です。

SDカードが認識されない

パソコンでSDカードが認識されないことがあります。原因はいくつかありますので紹介します。

SDカードの動作を確認

1.カードリーダーなどに別のSDカードを差して、認識されるならSDカードの不良が考えられます。
この場合は、不良のSDカードの接触部分を、クリーニングすると直る場合があります。

2.別のカードを差して、認識されないならカードリーダーの不良が考えられます。

ドライバーが正常に動作していない場合

1.スタートボタンを右クリックして、デバイスマネージャーをクリック。

2.デバイスマネージャーが開きます。
カードリーダーが認識されています。認識されていなければカードリーダーの不良などが考えられます。

以上で「Windows10 SDカードの簡単な使い方方」の説明を終わります。







スポンサーリンク