Windows10 PINの設定・変更・削除方法

マイクロソフト社(Microsoft)では、ユーザーにPINの使用を勧めています。

ユーザーがデバイスにサインインする時に、パスワードよりPINの方が安全性が高いということなので、ここでは、PINの設定・変更・削除方法について説明をします。

目次

Windows10 PINの設定方法

PCの環境により、表示は異なります。

操作手順

「スタート」ボタンから「設定」をクリックします。


設定画面の中の「アカウント」をクリックします。


サインインオプションの「Windows Hello 暗証番号(PIN)」をクリック。

サインインオプションの「Windows Hello 暗証番号(PIN)」の「追加」をクリック。

入力欄にアカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

設定するPINを入力します。
入力する数字は4桁以上です。

設定が完了すると「Windows Hello 暗証番号(PIN)」のボタンが
「変更」と「削除」になります。

Windows10 PINの変更方法

設定画面の「サインインオプション」にある
「Windows Hello 暗証番号(PIN)」の「変更」をクリック。

PINの変更画面になります。
必要な入力をして「OK」をクリック。

Windows10 PINの削除方法

設定画面の「サインインオプション」にある
「Windows Hello 暗証番号(PIN)」の「削除」をクリック。

PIN削除の確認が出ます。

「最初に、アカウントのパスワードを確かめてください。」というメッセージが表示されます。
「パスワード」ボックスにサインインしているユーザーアカウントのパスワードを入力し
「OK」をクリックします。

「設定」画面で「Windows Hello暗証番号(PIN)」欄の
ボタンが「追加」と表示されていればPINが削除されています。

PINの安全性が高い理由

●PINとパスワードの比較

●パスワードの漏えいの場合

パスワードによるサインインの場合、パスワードの漏えいは非常に大きな危険があります。

何らかの方法を使って、インターネット上にある他人のパスワードを入手すると、第三者が自分のパソコンを使って他人のデータを盗んだり、書き換えたりとさまざまな事が起きるという危険性があります。

  • PINはローカルの環境にあり、PCなどのデバイスに保存される。
  • PINは一般的に4桁のコードを使用するが、複雑にすることも出来る。

PINはローカル環境にあって、インターネット上には無い

PINは自分が使っているパソコンなどのローカル環境のデバイスに関連付けられています。

従って、インターネット上にはPINの情報はありません。

マルウエアによる漏えいや仮にPINを盗み見られるということで、PINを知られたとしてもPINと自分のパソコンが関連付けられているので、第三者のパソコンではPINによるサインインはできません。

その分、安全性が高いということができるわけです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次