起動時のパスワード入力を省略する方法




Windows10パソコンを起動すると、最初に「パスワード」の入力が求められます。
パスワードの入力はセキュリティの面から考えれば重要なことですが、家庭などで自分しか使わない場合には毎回パスワードを入力するのは面倒です。

パソコンの起動時に毎回パスワードを、入力するのがわずらわしいときは、「自動サインインの設定」をすることで、起動時のパスワード入力を省略することができます。

起動時のパスワード入力を省略する設定をすると、パソコンの電源を入れるだけでパソコンが起動するようになります。

つまり、誰でもパソコンを使うことができるようになりますので、セキュリティが低下することになります。
セキュリティを考えるならパスワードの代わりに暗証番号(PIN)を設定することもできます。

ここでは、Windows10 で、起動時のパスワード入力を省略する設定方法を説明します。

起動時のパスワード入力の省略設定

1.「Windows」キーを押しながら、「R」キーを押します。
「ファイル名を指定して実行」の画面がでます。

2.「ファイル名を指定して実行」の入力欄に、「netplwiz」と入力して「OK」をクリックします。

3.ユーザーアカウント画面になります。
今は、パスワードを入力する設定になっているので、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にチェックが入っています。

4.「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。
下にある「適用」または「OK」をクリックします。

5.「ユーザーアカウント」の自動サインインの画面になります。
 「パスワード」と「パスワードの確認入力」の2箇所に同じパスワードを入力して「OK」をクリックします。

パスワードについて
ここで使用するパスワードは、パソコンを起動する時に入力しているパスワードです。PINのコードでは設定されませんので注意してください。

6.下にある「OK」をクリックします。

7.「自動サインイン」ができるかどうか、パソコンを再起動して確認します。

8.再起動すると、「パスワードの入力画面」は表示されないでパソコンが起動します。

これで、次回からパソコンの電源を入れると、起動時のパスワード入力を省略して起動するようになります。

パスワード入力を省略設定した場合

パスワードの省略設定をしたパソコンは、誰でも電源ボタンを入れると使える状態になってしまいます。このことは、セキュリティの面から見ると不安な面もあります。

●セキュリティを強化するには、外部からのウイルスなどに対するウイルスソフトを導入することも必要です。

●webサイトのパスワードなどは、パスワード管理ソフトで管理する。

●見られたくないフォルダは隠しフォルダを使う。などを行ってセキュリティを強化することが必要だと思います。

以上で「起動時のパスワード入力を省略する方法」の説明を終わります。