起動時のパスワードを省略して自動サインインする

起動時のパスワードを省略して自動サインインする方法

「Windows」キーを押しながら、「R」キーを押します。
「ファイル名を指定して実行」の画面がでます。
「ファイル名を指定して実行」の入力欄に、「netplwiz」と入力して「OK」をクリックします。

ユーザーアカウント画面になります。
「ユーザー」タブを開きます。
「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。
下にある「適用」または「OK」をクリックします。

「ユーザーアカウント」の自動サインインの画面になります。
「パスワード」と「パスワードの確認入力」の2箇所に同じパスワードを入力して「OK」をクリックします。

下にある「OK」をクリックします。

「自動サインイン」ができるかどうか、パソコンを再起動して確認します。

再起動すると、「パスワードの入力画面」は表示されないでパソコンが起動します。

これで、次回からパソコンの電源を入れると、起動時のパスワードを省略して自動サインインで起動するようになります。

起動時にパスワードを入れる設定に戻す方法

起動時にパスワードを入れる設定に戻すには、ユーザーアカウント画面を表示します。
「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

以上でもとに戻ります。

以上で「起動時のパスワードを省略して自動サインインする」の説明を終わります。