Windows10 スリープの設定方法と使い方




Windows10 電源の操作メニューには、「スリープ」、「シャットダウン」、「再起動」があります。

また、1つのパソコンを複数のユーザーが使うときの操作として、「アカウントを切り替え」や「サインアウト」があります。

ここでは、「スリープ」の設定方法を説明します。スリープはパソコンを自動的に省電力にする目的があります。

「スリープ」に入ると、パソコンは最小限の消費電力で待機状態に入ります。このとき、モニターの電源も連動して消えます。

電源ランプのあるパソコンでは、「スリープ」に入ると電源ランプが「点滅」するものがあります。

「スリープ」はシャットダウンとは異なり、ウィンドウズやアプリは起動した状態のままなので、復帰させるとすばやく作業を再開することができます。

スリープの設定方法

1.設定画面を開いて、「システム」をクリックします。

2.「電源とスリープ」をクリックします。

3.ディスプレイのスリープ設定をします。
画面の「\(\vee\)」をクリックして、電源を切る時間を選びクリックします。(20分に設定しました)

4.PC のスリープ設定をします。
スリープの「\(\vee\)」をクリックして、PC をスリープにする時間を選びクリックします。(20分に設定しました)

5.スリープの設定を「20分」にした画面です。右上の「×」で画面を閉じます。

ここの設定では、「20分後」に「スリープ」になるように設定しましたので、パソコンの操作を行わないでいると20分後に「スリープ」に入ります。

スリープから復帰させる方法

「スリープ」から、パソコンを復帰させる方法は、次のようにします。

  • キーボードのいずれかのキーを入力する。
  • マウスをクリックする。
  • マウスを動かす。

などの操作をすれば、「スリープ」からパソコンは復帰しますが、マウスやキーボードで「スリープ」が復帰しない場合があります。

マウスやキーボードでスリープが復帰しない場合
デスクトップパソコンでは電源ボタンをすばやく一度押すとスリープから復帰します。

一体型パソコンやノートパソコンで、スリープボタンが搭載されている場合はスリープボタンを押して復帰します。

電源メニューに「スリープ」が表示されない時

電源メニューに「スリープ」が表示されない時は、電源操作メニューの「スリープが表示されない時」をご覧ください。

スリープの設定を解除する方法

何らかの理由で、「スリープ」の設定を解除したい時は、次のように設定します。

「スリープ」の設定を解除する方法は、簡単です。
「スリープ」で設定した時間を「なし」に変更すれば完了です。

スリープ復帰からのパスワードを省略

「スリープ」から復帰するときには、「パスワード」の入力を要求されます。
この機能は「セキュリティ」の面から、他人に勝手にパソコンを操作されなくするためのものです。

しかし、自分だけで使うパソコンの場合は、毎回パスワードを入力するのは面倒です。
パスワード入力を省略することで、スリープから復帰後すぐにパソコンを使えるようにすることができます。

スリープ復帰時のパスワードを省略すると、誰でもパソコン内のデータにアクセスすることができるようになりますので、設定には注意が必要です。

1.ショートカット「Windows+ I」で設定を開きます。

2.設定画面で「アカウント」をクリック

3.「サインインオプション」をクリックします。
サインインを求めるの項目まで、スクロールします。

4.しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」にある「\(\vee\)」をクリックして、「ロックしない」をクリックします。

5.右上の「×」で画面を閉じます。

以上で「Windows10 スリープの設定方法と使い方」の説明を終わります。







スポンサーリンク