Windows10 スリープの設定方法

スリープとはパソコンを省電力の待機状態にすることです。

スリープはシャットダウンとは異なり、ウィンドウズやアプリは起動した状態のままなので、復帰させるとすばやく作業を再開することができます。

スリープの設定、スリープを解除する方法、スリープから復帰する時のパスワードを省略する方法などについて説明します。

Windows10 スリープの設定方法

設定画面を開いて、「システム」をクリックします。

「電源とスリープ」をクリックします。

ディスプレイのスリープの設定をします。
画面の「\(\vee\)」をクリックして、電源を切る時間を選びクリックします。(20分に設定しました)

パソコンのスリープの設定をします。
スリープの「\(\vee\)」をクリックして、PC をスリープにする時間を選びクリックします。(20分に設定しました)

スリープの設定を「20分」にした画面です。右上の「×」で画面を閉じます。

ここの設定では、「20分後」に「スリープ」になるように設定しましたので、パソコンの操作を行わないでいると20分後に「スリープ」状態になります。

パソコンをスリープ状態にさせない設定

何らかの理由で、パソコンをスリープ状態にさせないようにしたい時は、次のように設定します。

「電源とスリープ」の設定する時間を「なし」に変更すれば完了です。

スリープからの復帰方法

「スリープ」から、パソコンを復帰させる方法は、次のようにします。

★ パソコンをスリープから復帰させるには

1.電源ボタンを軽く1回押す。
2.キーボードのキーのどれかを押す。
3.マウス(タッチパッド)を動かす。

などの操作をすれば、「スリープ」からパソコンは復帰しますが、マウスやキーボードで「スリープ」が復帰しない場合があります。

★ マウスやキーボードでスリープが復帰しない場合

1.デスクトップパソコンでは電源ボタンをすばやく一度押すとスリープから復帰します。
2.一体型パソコンやノートパソコンで、スリープボタンが搭載されている場合はスリープボタンを押して復帰します。

スリープ復帰からのパスワードを省略

「スリープ」から復帰するときには、「パスワード」の入力を要求されます。
この機能は「セキュリティ」の面から、他人に勝手にパソコンを操作されなくするためのものです。

しかし、自分だけで使うパソコンの場合は、毎回パスワードを入力するのは面倒です。
パスワード入力を省略することで、スリープから復帰後すぐにパソコンを使えるようにすることができます。

ショートカット「Windows+ I」で設定を開きます。

設定画面で「アカウント」をクリックします。

「サインインオプション」をクリックします。
サインインを求めるの項目まで、スクロールします。

しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」にある「\(\vee\)」をクリックして、「ロックしない」をクリックします。

右上の「×」で画面を閉じます。

電源メニューについては次の記事が参考になります。
★参照★ Windows10 電源メニューの種類

以上で「Windows10 スリープの設定方法」の説明を終わります。