タスクビューの使い方と仮想デスクトップ

タスクビューボタンをクリックすると、開いているアプリをサムネイルでデスクトップに一覧表示しいます。
サムネイルとは画像を縮小して表示することをいいます。

タスクビューを表示する

タスクビューは、デスクトップの下部のタスクバーの中にある、図のような「アイコン」のことです。

デスクトップに「ブラウザ、メモ帳、エクスプローラー」の画面が開かれているとします。
デスクトップの画面は、図のように一覧で表示されます。

先ほどの「タスクビュー」のアイコンを、クリックすると次のような画面に変わります。
タスクビューを使うと、デスクトップにどんなアプリが起動しているのかを、ひと目で確認することができます。

マウスのポインタ(カーソル)をアプリに、移動すると図にあるように右上に 図のようなマークが出ます。
これをクリックすれば、アプリを消すことができます。

画面を元に戻すには、もう一度、タスクビューのアイコンをクリックします。

仮想デスクトップを作る

タスクビューをクリックした画面です。右の下に「新しいデスクトップ」があります。

画面にある「新しいデスクトップ」のアイコンを、クリックする。
図のように、「デスクトップ2」が作成される。

「デスクトップ2」をクリックすると、仮想デスクトップに切り替わります。
これで、「デスクトップ1」と「デスクトップ2」の二つの画面ができました。
二つの画面を使うことで、複数のアプリを使うことが出来るので、効率的に作業をすることができます。

この画面で、タスクビューをクリックすると、「デスクトップ1」と「デスクトップ2」の二つの画面ができていることがわかります。
現在、アクティブな画面は、「デスクトップ2」です。
「デスクトップ1」をクリックすれば、「デスクトップ1」に切り変わります。

マウスポインタを、図の「デスクトップ2」に合わせると「X 印」がでます。
「X 印」をクリックすると、「デスクトップ2」を終了させることができます。

以上で「タスクビューの使い方と仮想デスクトップ」の説明を終わります。