ノートパソコンのタッチパッドの基本的な使い方




ノートパソコンには、マウスの代わりになる「タッチパッド」がついています。
ここでは、タッチパッドの使い方を説明します。

タッチパッドの基本操作

1.ポインターを移動する\(\cdots\)「タッチパッド」を人差し指で軽くなぞると、その方向に「ポインター」が移動します。

2.クリック(左クリック)\(\cdots\)左のボタンを、人差し指で1回押すと「クリック」になります。

3.右クリック\(\cdots\)右のボタンを、人差し指で1回押すと「右クリック」になります。

タッチパッドの応用操作

タッチパッドでダブルクリックする

ダブルクリック\(\cdots\)左のボタンをすばやく2回続けて押します。

タッチパッドの上を、軽く2回たたいても、「ダブルクリック」になります。

タッチパッドでドラッグをする


1.左手の人差し指で、左のボタンを押したまま
2.タッチパッドを指でなぞります。
タッチパッドの必要な位置まで動かしたら、指を放します。

タッチパッドでスクロールをする


スクロール\(\cdots\)タッチパッドを人差し指と中指で、上下になぞります。
画面を上下に「スクロール」することができます。

以上で「ノートパソコンのタッチパッドの基本的な使い方」の説明を終わります。