全画面表示を元の画面に戻す方法

ブラウザやアプリの画面が「全画面」になってしまうことがあります。

ファンクションキーの「F11」を使うと全画面にすることができます。

全画面を元の画面に戻すにはもう一度、ファンクションキーの「F11」を押します。

目次

全画面表示をファンクションキーでする方法

Windowsの場合

全画面表示は「F11」キーを使えば簡単にできます。全画面表示をするとタイトルバーやタブなども消えますので、映像をウインドウいっぱいに表示することができます。

あなたが意識して、ファンクションキーの「F11」で全画面にした場合は良いのですが、この機能を知らない場合は焦ってしまいます。

■ 全画面を戻す方法

全画面表示を元に戻すのは簡単です。もう一度ファンクションキーの「F11」を押せば戻ります。

■「Fn + F11」キーを使う場合

キーボードによっては「Fn + F11」キーを押す場合があります。

Mac で全画面にする場合

Mac でブラウザや動画再生ソフトの画面を全画面表示する場合は

ショートカットキーで

「Control + Cmmand + F」を押すと全画面表示になります。

戻す場合はもう一度同じ操作をします。

ブラウザやアプリの最大化を元に戻す方法

次のようにブラウザが全画面になっています。

操作手順

上のバーの部分をクリックして、ドラッグします。


元の大きさに戻ります。


ショートカットの「Windows + ↓キー」でも、元に戻ります。

■関連記事■ 覚えておきたい便利なショートカットキー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次