アフィリエイト広告を利用しています

セルのフォント、サイズ、スタイルの書式設定

エクセルで表を作成するときに、フォントやサイズ、スタイルを適切にすると、表が見やすくなります。

Fontオブジェクトで文字を変えたり、太字や斜体を設定することができます。

目次

セルのフォントやサイズを設定する

セルのフォントを游ゴシックで作成したエクセルの表があります。

■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3516_1()
Cells.Font.Name = "メイリオ"     
Cells.Font.Size = 15
End Sub

• Cells.Font.Name = “メイリオ”
 ’シート全体のフォントを「メイリオ」に変更します。

• Cells.Font.Size = 15
 ’フォントの大きさを「15」ポイントにします。

文字の太字、斜体、下線の設定

■ コード内を「Wクリック」で選択できます。

Sub サンプル3516_2()
With Range("A1").Font
    .Bold = True
    .Italic = True
    .Underline = True

    .Bold = False
    .Italic = False
    .Underline = False
End With
End Sub

• With Range(“A1”).Font
 ’WithステートメントでRange(“A1”).Fontオブジェクトを選択します。
• Bold = True
 ’フォントを「太字」にします。

• Italic = True
 ’フォントを「イタリック」にします。

• Underline = True
 ’文字に「下線」を付けます。

• Bold = False
 ’「太字」をなくします。

• Italic = False
 ’「イタリック」をなくします。

• Underline = False
 ’「下線」をなくします。

以上で「セルのフォント、サイズ、スタイルの書式設定」の説明を終わります。

目次