OneDriveのインストール方法

パソコンのどこにもOneDriveがみつからないときは、削除されていると考えられます。

そんなときは、Microsoft StoreのホームページやMicrosoft Storeからインストールすることができます。

OneDriveのインストール方法(Microsoftのホームページからインストール)

ブラウザに「onedrive」と入力して、検索します。
MicroSoftのOneDriveをクリックします。

右上にある「ダウンロード」をクリックします。

「ダウンロード」をクリックします。

「名付けて保存」になります。
保存先を設定して「保存」をクリックします。

ブラウザの下にある「OneDriveSetup.exe」の「開く」をクリックします。

保存先のアイコン
「名付けて保存」でダウンロードしたファイルは、アイコンをWクリックすると開くことができます。

OneDriveのインストールが始まり、しばらく待つとOneDriveがインストールされます。
エクスプローラーに「OneDrive」が表示されます。

OneDriveのリンクを解除については次の記事が参考になります。
■関連記事■ OneDriveのリンクを解除する方法

OneDriveのインストール方法(Microsoft Storeからインストール)

スタートのメニューのあるいはタイルからMicrosoft Storeをクリックします。

Microsoft Storeが開きます。
右上の検索欄に「OneDrive」と入力し、「Enter」を押します。
「OneDrive」のアプリをクリックします。

右上の「インストール」をクリックします。

しばらくして、「インストール」が終わります。
「起動」をクリックします。

「はい」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「OneDriveを使い始める」をクリックします。

OneDriveの初期画面です。

エクスプローラーにOneDriveが表示されないとき

OneDriveをインストールしたが、エクスプローラーにでてこないときがあります。
OneDriveがエクスプローラーに表示されないときは、次の操作をしてください。

エクスプローラーを開きます。
「PC」をクリックし、「Cドライブ」を「Wクリック」します。

「Windows」を「Wクリック」します。

使用しているパソコンが32ビットか64ビットかは、Windowsのバージョン情報にある「システムの種類」で分かります。

Windowsのバージョンについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ Windows10 のバージョンを調べる方法

パソコンの使用しているビット数に合わせて、「SysWOW64」または「System32」を「Wクリック」します。

このパソコンは「64ビット」なので、「SysWOW64」を「Wクリック」します。

下へスクロールすると、「OneDriveSetup」がありますので「Wクリック」します。

「ユーザーアカウント制御」の画面になりますので、「はい」をクリックします。

OneDrive のインストールが始まります。

インストールが完了すると、エクスプローラーに「OneDrive」が表示されます。

OneDriveの削除については次の記事が参考になります。
■関連記事■ OneDriveを削除する方法

以上で「OneDriveのインストール方法」の説明を終わります。