OneDriveのインストール方法

パソコンのどこにもOneDriveがみつからないときは、削除されていると考えられます。

そんなときは、Microsoft StoreのホームページやMicrosoft Storeからインストールすることができます。

OneDriveのインストール方法(Microsoftのホームページからインストール)

ブラウザに「onedrive」と入力して、検索します。
MicroSoftのOneDriveをクリックします。

右上にある「ダウンロード」をクリックします。

「ダウンロード」をクリックします。

「名付けて保存」になります。
保存先を設定して「保存」をクリックします。

ブラウザの下にある「OneDriveSetup.exe」の「開く」をクリックします。

保存先のアイコン
「名付けて保存」でダウンロードしたファイルは、アイコンをWクリックすると開くことができます。

OneDriveのインストールが始まり、しばらく待つとOneDriveがインストールされます。
エクスプローラーに「OneDrive」が表示されます。

OneDriveのインストール方法(Microsoft Storeからインストール)

スタートのメニューのあるいはタイルからMicrosoft Storeをクリックします。

Microsoft Storeが開きます。
右上の検索欄に「OneDrive」と入力し、「Enter」を押します。
「OneDrive」のアプリをクリックします。

右上の「インストール」をクリックします。

しばらくして、「インストール」が終わります。
「起動」をクリックします。

「はい」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「OneDriveを使い始める」をクリックします。

OneDriveの初期画面です。

エクスプローラーにOneDriveが表示されないとき

OneDriveをインストールしたが、エクスプローラーにでてこないときがあります。
OneDriveがエクスプローラーに表示されないときは、次の操作をしてください。

エクスプローラーを開きます。
「PC」をクリックし、「Cドライブ」を「Wクリック」します。

「Windows」を「Wクリック」します。

使用しているパソコンが32ビットか64ビットかは、Windowsのバージョン情報にある「システムの種類」で分かります。

パソコンの使用しているビット数に合わせて、「SysWOW64」または「System32」を「Wクリック」します。

このパソコンは「64ビット」なので、「SysWOW64」を「Wクリック」します。

下へスクロールすると、「OneDriveSetup」がありますので「Wクリック」します。

「ユーザーアカウント制御」の画面になりますので、「はい」をクリックします。

OneDrive のインストールが始まります。

インストールが完了すると、エクスプローラーに「OneDrive」が表示されます。

以上で「OneDriveのインストール方法」の説明を終わります。