AddQuicktag などプラグインを以前のバージョンに戻す方法

以前から登録して使っていた、AddQuicktag が急に表示されなくなることがあります。

AddQuicktag などのプラグインがうまく働かないときの原因は色々あると思います。

今回はプラグインのバージョンアップによる不具合のときに、以前のバージョンに戻す方法を紹介します。

プラグインの以前のバージョンをダウンロードする

プラグインに不具合が出たときに、以前のバージョンをダウンロードしてインストールすると直る場合があります。

ダッシュボードからプラグインの画面を開きます。
プラグインの「詳細を表示」をクリックします。

WordPress.org プラグインページをクリックして開きます。

下にスクロールすると「詳細を表示」がありますのでクリックします。

一番下までスクロールします。「開発バージョン」とダウンロードがあります。

「開発バージョン」をクリックして、以前のバージョンを選択します。

ダウンロードをクリックします。

保存先を指定して「保存」をクリックします。

プラグインをインストールする

AddQuicktag のデータを引き継いで使いたいので、次のようにしてください。

プラグインの画面でプラグインの「無効化」をクリックします。
削除はしないでください。
削除すると登録したデータが無くなってしまいます。

上にある「新規追加」をクリックします。

「プラグインのアップロード」をクリックします。

「ファイルの選択」をクリックします。

AddQuicktag のファイルを選んで「開く」をクリックします。
ファイルはZIP ファイルのままでインストールします。

「今すぐインストール」をクリックします。

「アップロードしたもので現在のものと置き換える」をクリックします。

「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインのバージョンを見ると以前のものになっています。

AddQuicktag に以前の項目を登録する

この時点では、編集画面には AddQuicktag に登録した項目がありません。

■ AddQuicktag の項目を登録する方法

ダッシュボード→プラグイン→ AddQuicktag の画面を開きます。

項目の右端をクリックすると横のチェックが全て入りますので、登録する項目の全てにチェックを入れます。
「変更を保存」をクリックします。

これで、今まで登録していたタグが使えるようになります。
編集画面を開いてみると、タグが追加されています。

以上で「AddQuicktag などプラグインを以前のバージョンに戻す方法」の説明を終わります。