OPPO Reno A の使い方とおすすめ設定

OPPO Reno A を購入したので、使い方やおすすめの設定などを紹介します。

ホーム画面の標準モードとドロワーモード

■ 標準モード
左右にスワイプすると、アプリが表示されます。

■ ドロワーモード

標準モードとドロワーモードの設定方法

デフォルトではホーム画面の設定が標準モードになっています。変更するには次のようにします。

「設定」⇒「待受画面&ロック画面マガジン」

「待受画面モード」をタップします。

「ドロワーモード」をタップします。

「切り替え」をタップすると「ドロワーモード」に変わります。

Googleのスマートアシスタントの表示と非表示の設定

ホーム画面で左にスワイプすると、Googleのスマートアシスタントが表示されます。

■ スマートアシスタントを無効にする方法を紹介します。

「設定」⇒「スマートサービス」をタップします。

スマートアシスタントを「オフ」にします。

スワイプアップジェスチャーの設定

初期画面では画面の下に、見づらいですが「履歴」「ホーム」「戻る」ボタンが表示されています。

スワイプアップジェスチャーとは、画面を指で「スワイプ」することで、「履歴」「ホーム」「戻る」などの操作をする方法です。

図のアイコンを上にスワイプして、「アプリの一覧」を表示します。

「アプリの一覧」の中から「設定」をタップします。

設定の中の「便利機能」をタップします。

便利機能の中の「ナビゲーションキー」をタップします。

「その他」をタップします。

「スワイプアップジェスチャー」と「1.両側で戻る」にチェックが入ります。

これで「戻る」「ホーム」「履歴」の操作が、次の図のように「スワイプアップジェスチャー」でできるようになります。
「戻る」\(\cdots\)画面の左右を上にスワイプする。
「ホーム」\(\cdots\)画面の中央を上にスワイプする。
「履歴」\(\cdots\)画面の中央を上にスワイプして、一時停止する。

アプリの表示数の変更方法

初期画面では、アプリの表示数が「4×6」になっています。

■ アプリの表示数を「5×6」に変更することができます。

「アプリの一覧」の中から「設定」をタップします。

設定の中の「待受画面&ロック画面マガジン」をタップします。

「待受画面&ロック画面マガジン」の中の「待受画面レイアウト」をタップします。

「切り替え」をタップします。

「待受画面レイアウト」が「5×6」になります。

ホーム画面を見ると「待受画面レイアウト」が「5×6」になりました。

画面オフクロックの設定

画面オフクロックとは、画面を「オフ」にした状態の時に「時計」を表示させる機能です。
この機能を「有効」にしておくと、画面を開かなくても時間を見ることができます。

「アプリの一覧」の中から「設定」をタップします。

設定の中の「ディスプレイと輝度」をタップします。

「ディスプレイと輝度」の中の「画面オフクロック」をタップします。

「画面オフクロック」を有効にする。スイッチの「緑」を表示させる。

表示させる時間を設定する事で、バッテリーの消費を抑えることができます。
このスマホでは、1日中表示させています。

カメラのダイレクト起動

カメラのダイレクト起動は、画面オフの状態でもカメラを起動させる方法です。
通常はカメラを起動するのに、ホーム画面からカメラのアプリを起動させます。
しかし、カメラのダイレクト起動を使うと画面に指で「マル」を描くと「カメラ」が起動します。

■ カメラのダイレクト起動の設定方法

「アプリの一覧」の中から「設定」をタップします。

設定の中の「便利機能」をタップします。

便利機能の中の「ジェスチャーとモーション」をタップします。

「画面がオフのときのジェスチャ」をタップします。

「Oの文字を描いてカメラを起動」を有効にする。スイッチの「緑」を表示させる。

これで「カメラのダイレクト起動」が有効になります。

以上で「OPPO Reno A の使い方とおすすめ設定」の説明を終わります。