USBメモリの使い方




USBメモリはデータを持ち運びするのに、大変便利なデバイスです。
USBメモリの使い方の基本として、パソコンへの取り付け方と取り外し方があります。

USBメモリの使い方の用途に、USBメモリにデータを入れ方とUSBメモリにあるデータを取り出し方を説明します。

USBメモリは、次のような形状をしたもので、データを記録することができるデバイスです。だいたい長さが5~6cm位、幅が2cm位の大きさです。

USBメモリはエクスプローラなどでは、「リムーバブルディスク」や「リムーバブルドライブ」などと呼ばれます。

USBメモリの取り付け方

1.USBメモリを取り付けるのはとても簡単で、通常ならパソコンにある「USB端子」に接続するだけで認識され使うことができます。
USBメモリを接続するときには、接続方向があるので注意が必要です。

補足
• USB差込口は青色のものと黒色のものがありますが、基本的にはどの差込口に、USBメモリを接続しても使うことができます。

• 転送速度が「青色」のほうが速いだけです。

• USBメモリには向きがありますので、差込口を確認して取り付けてください。

2.USBメモリが認識される。
エクスプローラーを見ると、「USBドライブ」として表示されています。

3.USBメモリを開くには「USBドライブ」をWクリックします。

4.USBメモリの中を確認することができます。
まだ何もデータが入っていません。

5.データなどをUSBメモリに入れるには、ファイルなどをドラッグ&ドロップするのが簡単です。

USBメモリの取り外し方

USBメモリは取り付けるときは、単に差し込むだけでした。
しかし、取り外すときは、そのまま引き抜いてはいけません。

USBメモリはパソコンなど外部から電源をもらっています。そのため、いきなりパソコンからUSBメモリを抜いてしまうと、データが消えてしまうようなことが起こる場合がありますので、終了の操作をしてから抜くのが安全です。

補足
• USBメモリは「データのやり取りをしていない時」は、そのままパソコンなどから取りはずしても壊れないようになっているそうです。

●取り外し方の種類

1.「通知領域のハードウェアアイコンから取り外す方法」
2.「エクスプローラーから取り外す方法」
3.「パソコンの電源を切ってから取り外す方法」などがあります。

順に取り外し方を説明します。

通知領域のハードウェアアイコンから取り外す

1.タスクバーの通知領域の「∧」のボタンをマウスでクリックします。

2.隠れているアイコンが表示されますので、USBメモリのアイコンをクリックします。

3.表示されたメニューから、該当するUSBメモリをクリックします。
ここでは、「USBドライブ(G:)」です。

4.「ハードウェアの取り外し」が表示されます。
これで安全にUSBメモリを取り外せます。

USBメモリをエクスプローラから取り外す方法

●USBドライブ(E;)というUSBメモリが取り付けてある場合

1.タスクバーにある、「エクスプローラー」のアイコンをクリックして起動します。

2.エクスプローラの画面が開きます。
USBドライブ(E;)というUSBメモリが、該当するUSBメモリです。

3.取り外すUSBメモリの上で、マウスの「右クリック」をします。
「取り出し」をクリックします。

4.「ハードウエアの取り外し」画面が表示されます。
この表示がでれば、USBメモリを取り外すことができます。

パソコンの電源を切ってから、USBメモリを取り外す方法

1.パソコンの電源をシャットダウンの操作で切ります。

2.パソコンの電源が完全に「OFF」になってから、USBメモリをパソコンから取り外します。

この場合、パソコンが動作を終了するときに、USBメモリに対しても取り外せる状態にして電源を切りますので、パソコンからUSBメモリをそのまま抜くことができます。

USBメモリにデータを保存する方法

パソコンにUSBメモリを接続した時の動作(自動再生)は、パソコンの設定により異なります。

「右クリックの送る」でデータを保存

1.パソコンにUSBメモリを接続した場合、USBメモリのフォルダが開いたとします。
USBメモリのフォルダを「×」で一度閉じます。

2.エクスプローラを開き、USBメモリに送るデータファイルを「右クリック」します。
「送る」をクリック→「USBドライブ(F:)」をクリックします。

3.エクスプローラの「USBドライブ」をクリックして、データが保存されていることを確認します。

「ドラッグ&ドロップ」でデータを保存

USBメモリにPCのフォルダやファイルを追加するには、移動(コピー)したいファイルなどをドラッグ&ドロップすれば良いので、とても簡単です。

具体的なファイルの追加法

1.USBメモリをPCに接続すると「エクスプローラ」でUSBドライブのフォルダが表示される。

2.エクスプローラで移動(コピー)する音楽ファイルを開く。
移動(コピー)するファイルのある場所は、パソコンによって違いますので注意してください。
これはあくまでもやり方の一例です。

●エクスプローラを複数起動する方法

  • エクスプローラを複数起動するには、タスクバーのエクスプローラのアイコンを「右クリック」する。
  • メニューの中の「エクスプローラ」をクリックすると別ウインドウで、エクスプローラが開きます。

3.ファイル側からUSBドライブに移動(コピー)するファイルを、ドラッグ&ドロップするとファイルをUSBメモリに移動(コピー)することができます。

4.USBドライブを見ると、ファイルが移動(コピー)されています。

USBメモリのファイルを削除する

1.USBメモリを開きます。

2.削除したいファイルをクリックします。

3.ファイルを選択した状態で「Delete」キーを押します。

4.「ファイルの削除」の確認画面がでます。
「はい」をクリックします。

4.選択したファイルが削除されます。

USBメモリに音楽を入れて楽しむ

2018年10月9日

USBメモリをフォーマットする

2018年10月7日

以上で「USBメモリの安全な使い方」の説明を終わります。