USBメモリーの安全な使い方




スポンサーリンク



USBメモリーの安全な使い方

USBメモリーとは図のような形状で、パソコンのUSB端子に差し込んで使用します。

USBメモリーの活用方法

USBメモリーの使い方は、パソコンのデータの一時的な保存や受け渡しをすることができます。

また、パソコンのファイルなどの定期的なバックアップに使うこともできます。

例えば、パスワードのソフトを、USBメモリーにインストールして使うことで、パスワードをパソコンに保存して置かなくてもパスワードを入力することが出来るので、セキュリティを強化することができます。

USBメモリーはエクスプローラなどでは「リムーバブルディスク」や「リムーバブルドライブ」などと呼ばれます。

USBメモリーの取り付け方

パソコンには、図のようなUSBメモリーの差込口が、パソコンの裏側や前面にあります。

USBの差込口は、マウスやキーボードなどを接続したりするので複数個(5、6個)ついています。

USBメモリーの差込口には差し込む向きがあり、決められた方向でしか差し込むことができません。

大きさは横が1cm位で縦が4mm位のものです。

USBメモリーの差し込みには、向きがあって正しい向きでないと差し込みできないようになってます。

USBメモリーをPCに接続した時の動作例

USBメモリーをPCに接続すると、一般的にはUSBメモリーの中が開きます。

このUSBメモリーの中には、2つのフォルダがあるのがわかります。

フォルダの中には保存されたファイルなどが入っています。

中に保存するファイルは、音楽ファイルであったり、画像や動画など色々なファイルを入れることができます。

USBメモリーを接続した時の動作の変更方法

1. 「スタート」ボタンから「設定」をクリックする。

2. 設定画面の中の「デバイス」をクリックする。

3. 左側のメニューから「自動再生」をクリックする。

「リムーバブルドライブ」のメニューをクリックする。

4. 「リムーバブルドライブ」のメニューが開くので、動作させたい機能を選んでクリックする。

5. 設定画面を閉じる。

USBメモリーにファイルなどを追加する方法

USBメモリーにPCのフォルダやファイルを追加するには、移動(コピー)したいファイルなどをドラッグ&ドロップすれば良いのです。

とても簡単です。

具体的なファイルの追加法

1. USBメモリーをPCに接続すると「エクスプローラ」でUSBドライブのフォルダが表示される。

2. エクスプローラで移動(コピー)する音楽ファイルを開く。

移動(コピー)するファイルのある場所は、パソコンによって違いますので注意してください。

これはあくまでもやり方の一例です。

※USBメモリーで、エクスプローラがすでに一つ開いている場合の注意

●エクスプローラを複数起動する方法

  • エクスプローラを複数起動するには、タスクバーのエクスプローラのアイコンを「右クリック」する。
  • メニューの中の「エクスプローラ」をクリックすると別ウインドウで、エクスプローラが開きます。

3. ファイル側からUSBドライブに移動(コピー)するファイルを、ドラッグ&ドロップするとファイルをUSBメモリーに移動(コピー)することができます。

4. USBドライブを見ると、ファイルが移動(コピー)されている。

USBメモリーを安全にPCから取り外す方法

USBメモリーはいきなりPCから外すと、USBメモリーのデータが消えてしまうような事がありますので正しい外し方をしましょう。

USBメモリーをパソコンの電源を切ってから、取り外す場合

  1. パソコンの電源をシャットダウンの操作で切ります。
  2. パソコンの電源が完全に「OFF」になってから、USBメモリーをパソコンから取り外します。

USBメモリーをパソコンの電源を切らずに取り外す場合

1. タスクバーの通知領域の「山型」のボタンをマウスでクリックする。

2. USBメモリーのマークをクリックします。

3. 表示されたメニューから、取り外したいUSBメモリーをクリックします。

4. 「ハードウェアの取り外し」と表示されたことを確認し、USBメモリーをパソコンから取り外します。

USBメモリーをエクスプローラから取り外す場合

1. 図の矢印の所をクリックすると、一つ上の段階に移動します。

2. エクスプローラの一つ上の階層に移動した所です。

USBドライブ(E;)というのが、今回使用したUSBメモリーのことです。

3. エクスプローラに表示されているUSBドライブを選択する。

選択したUSBドライブの上で、マウスを右クリックすると、取り出しというのがありますのでこれをクリックする。

4. 「ハードウエアの取り外し」が表示されたので、パソコンからUSBメモリーを安全に取り外すことができます。

以上で、「USBメモリーの安全な使い方」の説明を終わります。




スポンサーリンク