USBメモリの使い方




USBメモリは、次のような形状をしたもので、データを記録することができるデバイスです。だいたい長さが5~6cm位、幅が2cm位の大きさです。

USBメモリは別に電源を用意する必要がなく、パソコンのUSB端子に取り付けることでデータのやり取りをすることができます。USBメモリは、形も小さく持ち運びに便利なのでよく使われています。

USBメモリはエクスプローラなどでは、「リムーバブルディスク」や「リムーバブルドライブ」などと呼ばれます。

USBメモリの注意事項
USBメモリはHDD(ハードディスク)や光学ディスクと比べると寿命が短いので、一時的なデータの移動に適しています。

USBメモリの取り付け方

1.USBメモリを取り付けるのはとても簡単で、通常ならパソコンにある「USB端子」に接続するだけで認識され使うことができます。
USBメモリを接続するときには、接続方向があるので注意が必要です。

補足
• USB差込口は青色のものと黒色のものがありますが、基本的にはどの差込口に、USBメモリを接続しても使うことができます。

• 転送速度が「青色」のほうが速いだけです。

• USBメモリには向きがありますので、差込口を確認して取り付けてください。

2.USBメモリが認識される。
エクスプローラーを見ると、「USBドライブ」として表示されています。

3.USBメモリを開くには「USBドライブ」をWクリックします。

4.USBメモリの中を確認することができます。
まだ何もデータが入っていません。

5.データなどをUSBメモリに入れるには、ファイルなどをドラッグ&ドロップするのが簡単です。

USBメモリの取り外し方

USBメモリは取り付けるときは、単に差し込むだけでした。
しかし、取り外すときは、そのまま引き抜いてはいけません。

USBメモリはパソコンなど外部から電源をもらっています。そのため、いきなりパソコンからUSBメモリを抜いてしまうと、データが消えてしまうようなことが起こる場合がありますので、終了の操作をしてから抜くのが安全です。

●取り外し方の種類

1.「通知領域のハードウェアアイコンから取り外す方法」
2.「エクスプローラーから取り外す方法」
3.「パソコンの電源を切ってから取り外す方法」などがあります。

順に取り外し方を説明します。

通知領域のハードウェアアイコンから取り外す

1.タスクバーの通知領域の「∧」のボタンをマウスでクリックします。

2.隠れているアイコンが表示されますので、USBメモリのアイコンをクリックします。

3.表示されたメニューから、該当するUSBメモリをクリックします。
ここでは、「USBドライブ(G:)」です。

4.「ハードウェアの取り外し」が表示されます。
これで安全にUSBメモリを取り外せます。

USBメモリをエクスプローラから取り外す方法

●USBドライブ(E;)というUSBメモリが取り付けてある場合

1.タスクバーにある、「エクスプローラー」のアイコンをクリックして起動します。

2.エクスプローラの画面が開きます。
USBドライブ(E;)というUSBメモリが、該当するUSBメモリです。

3.取り外すUSBメモリの上で、マウスの「右クリック」をします。
「取り出し」をクリックします。

4.「ハードウエアの取り外し」画面が表示されます。
この表示がでれば、USBメモリを取り外すことができます。

パソコンの電源を切ってから、USBメモリを取り外す方法

1.パソコンの電源をシャットダウンの操作で切ります。

2.パソコンの電源が完全に「OFF」になってから、USBメモリをパソコンから取り外します。

この場合、パソコンが動作を終了するときに、USBメモリに対しても取り外せる状態にして電源を切りますので、パソコンからUSBメモリをそのまま抜くことができます。

USBメモリにデータを保存する方法

パソコンにUSBメモリを接続した時の動作(自動再生)は、パソコンの設定により異なります。

右クリックの送るでデータを保存

1.パソコンにUSBメモリを接続した場合、USBメモリのフォルダが開いたとします。
USBメモリのフォルダを「×」で一度閉じます。

2.エクスプローラを開き、USBメモリに送るデータファイルを「右クリック」します。
「送る」をクリック→「USBドライブ(F:)」をクリックします。

3.エクスプローラの「USBドライブ」をクリックして、データが保存されていることを確認します。

ドラッグ&ドロップでデータを保存

USBメモリにPCのフォルダやファイルを追加するには、移動(コピー)したいファイルなどをドラッグ&ドロップすれば良いので、とても簡単です。

具体的なファイルの追加法

1.USBメモリをPCに接続すると「エクスプローラ」でUSBドライブのフォルダが表示される。

2.エクスプローラで移動(コピー)する音楽ファイルを開く。
移動(コピー)するファイルのある場所は、パソコンによって違いますので注意してください。
これはあくまでもやり方の一例です。

●エクスプローラを複数起動する方法

  • エクスプローラを複数起動するには、タスクバーのエクスプローラのアイコンを「右クリック」する。
  • メニューの中の「エクスプローラ」をクリックすると別ウインドウで、エクスプローラが開きます。

3.ファイル側からUSBドライブに移動(コピー)するファイルを、ドラッグ&ドロップするとファイルをUSBメモリに移動(コピー)することができます。

4.USBドライブを見ると、ファイルが移動(コピー)されています。

 

USBメモリを取り付けたときの動作(自動再生)の変更をする

USBメモリを取り付けたときの動作は、「設定」から変更することができます。
次のような設定をすることができます。

動作の種類
• 何もしない
• フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
• 毎回動作を確認する
• ストレージ設定の構成(設定)

ここで設定した動作が次回から、USBメモリを取り付けたときに適用されます。

1.「設定」を開きます。
次に「デバイス」をクリックします。

2.デバイス画面で、「自動再生」をクリックします。
リムーバブルドライブにある「∨」のマークをクリックします。

3.動作の種類を選べます。
ここで行った設定が、次回から適用されます。

何もしない

この場合は、文字通り何も起こりません。
しかし、USBメモリは認識されているので、エクスプローラーを開くと表示されます。

フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)

この場合は、USBメモリを取り付けると、自動的にUSBメモリが開きます。

毎回動作を確認する

1.この場合は、次のようなトーストというものが表示されるのでクリックします。

2.動作を選択する画面が表示されるので、どれかをクリックします。

ストレージ設定の構成(設定)

USBメモリを取り付けると、「設定」の「ストレージ」が開きます。

以上で「USBメモリの安全な使い方」の説明を終わります。







スポンサーリンク