音楽CDの楽曲をパソコンに取り込む方法




音楽CDの楽曲をパソコンに取り込んでおくと、毎回、光学ドライブに音楽CDを入れなくても、音楽CDの楽曲を聞くことができます。

Windows10にインストールされている「Windows Medea Player<」というアプリを使えば、簡単に音楽CDの楽曲をパソコンに取り込むことができます。 ここでは、Windows Medea Playerを使って、音楽CDの楽曲を取り込む方法を説明します。

音楽CDの楽曲をパソコンに取り込む

Windows Medea Playerで取り込む

パソコンに音楽CDを取り込むには、Windows Medea Playerを使うと簡単に取り込むことができます。

Windows10パソコンには、Windows Medea Playerが標準でインストールされていますのでそれを使います。

1.スタートメニューから「Windowsアクセサリ」の項目にある「Windows Medea Player」をクリック

2.Windows Medea Playerを初めて、起動したときだけ、次の画面になります。
「推奨設定」にをクリックして、「完了」をクリック。

3.Windows Medea Playerが起動します。

4.パソコンの「光学ドライブ」に音楽CDを入れると、音楽CDの楽曲が表示されます。
①にチェックを入れると楽曲全てにチェックが入ります。
(初期状態ではチェックが入っています。)

楽曲を選択する場合は、①のチェックを外して、②のところにチェックを入れます。

パソコンに取り込む選曲が終わったら、③の「CDの取り込み」をクリック。

5.取り込みオプションが表示される。
「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」をクリック。
「CDから取り込む…」にチェックを入れる。
「OK」をクリックする。

6.楽曲の取り込みが始まります。

7.楽曲の取り込みが終わったら、左側のメニューから「音楽」をクリックして、楽曲が取り込まれていることを確認します。

以上で、「音楽CDの楽曲をパソコンに取り込む方法」の説明を終わります。




スポンサーリンク