Windows10 不要なアプリ一覧と削除方法

Windows10 パソコンの不要なアプリの削除方法を知っていますか。

Windows10のパソコンには色々なアプリが、インストール(標準アプリ)されています。

Windows10の不要なアプリを削除すると、ストレージが軽くなりパソコンの処理速度が速くなります。

この記事では、Windows10 パソコンの不要なアプリの削除方法を説明します。

目次

Windows10 不要なアプリ一覧

Windows10 不要なアプリ一覧

削除しても、Windowsなどに影響しない不要なアプリです。ご自分で使用するアプリは削除する必要はありません。

削除可能なアプリコメント
3Dビューアー3Dに関係するものです。
Groove ミュージック
Microsoft PayMicrosoft Storeで購入する場合に使う。
Microsoft Solitaire Collectionソリティアゲームです。
Microsoft Sticky Notes付箋アプリです。
Mixed Reality ポータルMRコンテンツの閲覧や開発用のアプリ
Microsoft OneDriveOneDriveを使う人は消さないでください。
OneNoteデジタルノート
Print 3D
People
SkypeSkypeを使う人は残しておく
XboxXboxのゲームです。
Xbox Game barXboxのゲームです。
Xbox Game Speech WindowXboxのゲームです。
Xbox LiveXboxのゲームです。
アラーム & クロックストップウォッチやアラーム機能のこと
カメラPCのカメラで写真や動画を使う場合
ペイント3D
ボイスレコーダー
マップ
マップ
メール/カレンダー
天気
映画&テレビ
ニュースニュースが見られるアプリ
消さないほうが良いアプリコメント
Microsoft Store削除すると、復活させるのが面倒です。
Xbox Identity Provider削除すると、復活させるのが面倒です。
HEIF 画像拡張機能HEIF という画像形式のファイルを表示できなくなる。

Windows10 不要なアプリの削除方法

Windows10のスタートボタンからの削除方法

ここでは、「twitter」を例にして削除することにします。

操作手順

スタートボタンから、「twitter」まで移動します。


「twitter」を右クリックします。
「アンインストール」がでてきますのでクリックします。


アンインストールの確認画面が表示されます。
「アンインストール」をクリックします。


「twitter」が削除されました。


図のような「アイコン」のアプリは削除しないほうが安全です

Windows10の設定からの削除方法

「twitter」を例にして、不要なアプリの削除をすることにします。

操作手順

スタートボタンから、設定を開きます。
アプリをクリックします。


マウスで下にスライドさせる。


「twitter」を選択して、クリックします。


アンインストールの画面が表示されます。


アンインストールの確認画面が出ますので、アンインストールをクリックします。


twitterのアプリが削除された。


不要と思って削除したアプリを元に戻したいときは、「Microsoft Store」からインストールできます。

Microsoft Store以外からダウンロードしたアプリの削除

インターネットなどからダウンロードした不要なアプリの削除は、「コントロールパネル」で削除します。

メールソフト「Thunderbird」を例にして削除することにします。

操作手順

Windows10のコントロールパネルを表示させて、「プログラムのアンインストール」をクリックします。


メールソフト「Thunderbird」まで移動する。
アンインストールをクリックします。


変更画面が出るので、「はい」をクリックします。


アンインストールの画面、次へをクリックします。


削除をクリックします。


アンインストールの完了画面です。
完了をクリックします。


「Thunderbird」のアプリが削除されている。


以上で「Windows10 不要なアプリ一覧と削除方法」の説明を終わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次