メールが来たら知らせてくれるフリーソフト




メールが来たら知らせてくれるフリーソフト

メールチェッカーのインストール

メールを送受信するために、必ず必要になるのがメールソフトです。誰でも何かのメールソフトを使っていると思います。

そして、メールが来たときに音やポップアップで、知らせてくれるソフトが「メールチェッカー」といわれるソフトです。

メールチェッカーがあると、何かと便利なので「Ez-MailChecker」というフリーソフトを紹介します。

Vectorのサイトで「Ez-MailChecker 2.20」をダウンロードする

上のダウンロードをクリックすると、次の画面が開きます。
ソフト名を確認して、「今すぐダウンロード」をクリックします。

ソフトの保存場所が表示されますので、「保存」をクリックします。

ご注意
ご使用のパソコンの設定により表示は異なります。

ダウンロードしたファイルを「Wクリック」します。

ユーザアカウント制御が開きます。「はい」をクリックします。

インストール画面になりますので、通常はこのままで「次へ」をクリックします。

すぐに完了画面になります。

デスクトップに図のような、ポストのアイコンが表示されます。
このアイコンは、ドラッグすると左右に移動することができます。

これで、ソフトのインストールが終わりましたので、次に設定をします。

メールチェッカーの設定

ポストのアイコンを「右クリック」すると、メニューが開きます。

各種設定画面になりますので、メールアカウントを設定します。

メールアカウントの設定

右側のアカウントの設定を順に説明していきます。

①メールを登録するタブが、6つあります。つまりメールアカウントを6つまで登録できます。

②「このアカウントを一時停止する」
ここにチェックを入れると、このメールアドレスをチェックしなくなります。

③「識別名」
複数のメールアドレスをわかりやすくするためのものです。

④「POP3、IMAP4」、「メールサーバー」、「ポート番号」、「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」
メールアドレスを設定した時の情報に、すべてありますのでそれを入力すればOKです。

⑤「ユーザーアカウント」、「パスワード」
「ユーザーアカウント」には、メールアドレスを入力し、「パスワード」にはメールアドレスのパスワードを入力します。

⑥「メールソフトのパス名」
ここに入力したメールソフトが、チェックしたときに自動で起動します。
パス名とは、メールソフトがインストールされた場所のことです。

「参照」をクリックして、パス名をたどることができます。

例えば、このパソコンには「Thunderbird」というメールソフトがインストールされていますが、そのパス名は次のようになります。
C:\Program Files (x86)\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe

Cドライブ→Program Files (x86)のフォルダ→Mozilla Thunderbirdのフォルダ→thunderbird.exeのアプリケーション のようにたどって行くことができます。

⑦「メールソフトを選択」
クリックして、使用しているメールソフトのMozilla Thunderbirdを選び「決定」をクリックします。

⑧「アカウント設定のテスト」
入力が終わったら、「アカウント設定のテスト」をクリックして「接続出来ました」と表示されれば、OKをクリックして完了です。

その他に、登録するメールアドレスがあれば、メールのタブを変えて同様にデータを入力します。

メールのチェック間隔はデフォルトで「5分」になっていますが、変更することができます。

メールが届くと次のように知らせてくれます。

以上で「メールが来たら知らせてくれるフリーソフト」の説明を終わります。




スポンサーリンク