Windows10でMicrosoft storeからインストールする




Windows10には、Microsoft storeというアプリストアがあります。

Microsoft storeには、有料・無料の色々なアプリが、揃っています。

Microsoft storeのアプリは、ストアの審査に合格したものなので安全に使えます。

スマートフォンのiTunesのApp StoreやAndroidのGoogle Playと同じようなものです。

Microsoft storeのアプリのインストール方法

Microsoft storeからアプリを、インストールする方法を説明します。

1. スタートボタンから、メニューの「Microsoft Store」をクリックします。

あるいは、スタートメニューの「Microsoft Store」のタイルをクリックします。

2. Microsoft Storeの画面が開きます。

3. ここでは、Microsoft storeから、例として 「twitter」を入手してみましょう。

Microsoft storeの画面の右上にある「検索」に twitter と入力します。

該当するアプリが表示されます。

Twitterのアイコンをクリックします。

4. Twitterの説明と入手の画面になります。

入手のボタンがありますので、クリックします。

Microsoft storeの画面に無料と表示されているので、料金はかかりません。

5. 使用しているデバイスの環境により、次のような画面がでる場合があります。

通常は、「必要ありません」の方で構いません。

6. Microsoft storeからアプリがインストールできると、次の画面になります。

アプリを開くには起動をクリックします。

7. Twitterの画面が開きました。Microsoft storeからアプリがインストールされました。

ログインするか新規登録することで、Twitterのアプリを使用することができます。

Twitterを閉じた後、再び開くにはスタートメニューにあリますので、クリックすれば開くことができます。

以上で「Windows10でMicrosoft storeからインストールする」の説明を終わります。




スポンサーリンク