Windows10 フォトの使い方

Windows10 フォトの使い方

Windows10に標準で入っている「フォト」というアプリを使って、デジタルカメラの写真をパソコンに取り込みます。

デジタルカメラの写真をパソコンに取り込むには、次のようにします。

デジタルカメラとパソコンを「付属の専用のUSBケーブル」で接続します。

デジタルカメラには多くの場合、専用のUSBケーブルが付属しています。

デジタルカメラの電源を入れます。
「トースト」と呼ばれる画面がでます。
「トースト」画面をクリックします。

操作を選ぶ「通知」の画面になります。
「写真とビデオのインポート(フォト)」をクリックします。

デバイスを取り付けたときの動作については次の記事が参考になります。
■関連記事■ デバイスを取り付けたときの動作(自動再生)

「トースト」がでないときの処置

「スタート」ボタンから「フォト」をクリックして起動します。


フォト」アプリが起動します。
フォトアプリの画面で、「インポート」をクリックします。

「接続されているデバイスから」をクリックします。

「項目のインポート」の画面になります。
インポートするものにチェックを入れ、下にある「インポート」をクリックします。

デジタルカメラやメモリーカードの写真が削除されます

上の画面で「インポート後の元のアイテムを削除する」にチェックを入れてから「インポート」をクリックすると、写真を取り込んだ後にデジタルカメラやメモリーカード内のデータを削除します。

「インポートが完了しました」となりますので「OK」をクリックします。

インポートされた写真は、デフォルト(既定の状態)ではPCの「ピクチャ」に保存されます。

ここでは、デジタルカメラで撮影した写真の取り込みを説明しましたが、デジタルビデオカメラで撮影したビデオ映像をパソコンに取り込むときも同じ手順でできます。

フォルダーの変更方法

写真を保存するフォルダーを変更する。
「項目のインポート」にある「フォルダーの変更」をクリックします。

「フォルダーの選択」になります。
たとえば、サンプルというフォルダーを作ります。
「ピクチャにこのフォルダーを追加」をクリックします。

新規フォルダについては次の記事が参考になります。
■関連記事■ 新規フォルダの作り方

インポートをクリックします。

取り込んだ写真がサンプルのフォルダーに保存されています。

以上で「Windows10 フォトの使い方」の説明を終わります。