回復ドライブの必要性と作成方法




回復ドライブ作成の準備

Windows10パソコンで、回復ドライブは非常に重要なツールになります。回復ドライブは、以前のリカバリーディスクと同じ機能を持っています。

回復ドライブの中には、Windows10を出荷状態に戻すためのファイルが入っていますので、パソコンのHDDが壊れたような場合でもWindows10を復元することができます。

ですから、パソコンが正常に動いている状態のときに回復ドライブを作成しておくことが重要になります。
回復ドライブを作成するときに、いくつか注意することがあります。

  • USBメモリーを用意します。(16GB以上できれば、32GBが良い)
  • USBメモリーの規格は、USB2.0が望ましい。
  • USBメモリーをパソコンのUSB2.0の端子に接続して作成する。
  • 回復ドライブの作成にはかなりの時間がかかります。パソコンの設定でスリープモードなどの、節電設定になっているときは解除しておいてください。
USB2.0でない端子を使うと、復元のときにエラーになるようなことがインターネットの情報にでています。

次に、回復ドライブを作成してみます。
接続条件
USBメモリー・・・32GBのUSB3.1規格を使用します。
パソコンのUSB端子・・・USB2.0の端子を使用します。
USBメモリーをパソコンのUSB端子2.0に接続します。

検索欄から回復ドライブの作成画面を起動する方法

1.検索欄に「回復ドライブの作成」と入力する。
上にある「回復ドライブの作成」をクリックします。

2.ユーザアカウント制御の画面になりますので、「はい」をクリックします。
回復ドライブの作成画面が表示されます。

コントロールパネルから回復ドライブの作成画面を起動する方法

1.「スタートボタン」をクリック、すべてのアプリ一覧から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリック

2.「コントロールパネル」が開きます。
システムとセキュリティをクリックします。

3.「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。

4.「回復」をクリックします。

5.「回復ドライブの作成」をクリックします。

6.ユーザアカウント制御の画面になりますので、「はい」をクリックします。
回復ドライブの作成画面が表示されます。

回復ドライブの作成手順

1.USBメモリーをパソコンのUSB端子2.0に接続します。

2.「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリック

3.「お待ち下さい」と表示されます。

4.USBフラッシュドライブの選択画面になります。
USBメモリーを予め接続してあるので、USBメモリーが選択されています。
次へをクリックします。

5.「作成」をクリックします。

6.「回復ドライブを作成中」と表示されます。
回復ドライブの作成が完了するまで、しばらく待ちます。

7.「回復ドライブの準備ができました」と表示されます。
「完了」ボタンをクリックします。
作成時間はおよそ「50分」かかりました。
作成時間はパソコンにより異なると思いますので参考程度です。

8.回復の画面の「×」をクリックして画面を閉じます。

9.エクスプローラーを開くと、Eドライブに「回復」という名前でできています。
USBメモリーをパソコンから取り外して終了です。

以上で「回復ドライブの必要性と作成方法」の説明を終わります。







スポンサーリンク