記録メディアの特徴と使い分け




パソコンなどのデータを保存する「記録メディア」には、CDやDVD、BD(ブルーレイディスク)などの光学ディスクやハードディスク(HDD)、SSD、USBメモリ、SDカードと何種類もあります。

それぞれの特徴を理解すると、状況に応じた使い分けができます。

パソコンにはストレージ(記録装置)として、ハードディスク(HDD)やSSDが使われています。
パソコンのハードディスクには、WindowsのOS(基本ソフト)や各種のアプリ、作成したファイルなどが記録されています。

パソコンのデータをバックアップしたり、ファイルを受け渡したりするときには、外付けハードディスクやUSBメモリ、DVDなどの光学ディスクを使います。

光学ディスク

CD、DVD、BD(ブルーレイディスク)などのことを「光学ディスク」といいます。

日常のパソコンの使い方では、パソコン内臓のハードディスクの読み書きで十分です。しかし、パソコンのデータを外に出したい時、例えば、パソコン本体や内蔵HDDの故障にそなえてバックアップを取るとか結婚式の写真などのデータを希望者に配布するようなことがあります。

このようなときには、CD-Rなどの光学ディスクが役立ちます。
光学ディスクはHDDなどに比べると、1枚に記録できるデータ量が少なく、読み書きも遅いですが「単価が安く」、「寿命が長い」ということがあります。

光学ディスクには、使用する技術や記録容量によってCD、DVD、BD(ブルーレイ)があります。
また、1度だけ記録できるものと、繰り返して記録できるものがあります。
●1度だけ記録するもの\(\cdots\)CD-R、DVD±R、BD-R
●繰り返し記録できるもの\(\cdots\)CD-RW、DVD±RW、DVD-RAM、BD-RE

CD

種類 CD-R CD-RW
容量 650MB / 700MB 650MB / 700MB
書き換え × 不可 ○ 可能
主な用途 小容量のデータを大量に配布するときなど 小容量のデータの定期的なバックアップなど
備考 写真や書類などの小容量の保存に適し、CDプレーヤーで再生できる音楽CDの作成に使います。

DVD

種類 DVD±R DVD±RW DVD-RAM
容量 4.7GB / 片面2層 8.5GB 4.7GB 片面 4.7GB / 両面 9.4GB
書き換え × 不可 ○ 可能 ○ 可能
主な用途 データ保存や映像ディスクの作成など 定期的なバックアップなど 頻度の高いバックアップなど
備考 中容量のデータの受け渡しやバックアップに適しています。DVDプレーヤーで再生できる映像の記録もできます。

BD

種類 BD-R BD-RE
容量 25GB / 片面2層 50GB、片面3層 100GB、片面4層 128GB 25GB / 片面2層 50GB、片面3層 100GB
書き換え × 不可 ○ 可能
主な用途 データ保存やハイビジョン映像ディスクの作成など 20GB 級のデータの定期的なバックアップなど
備考 一番新しい規格の光学ディスクです。

外付けHDDや外付けSSD、USBメモリ

●外付けHDDは、大容量化が進み 500GB~8TB(テラバイト)ほどの容量のものがあります。
外付けHDDや外付けSSDは、データの書き込み速度が非常に速く内蔵ハードディスクと同じ感覚でつくことができます。

外付けHDDや外付けSSDは、保存できる容量が多くひんぱんに更新するバックアップや日常のデータの保存に使うことができます。

●SSDはHDDより速度が速い上に、価格が比較的安くなって来たのでHDDの代わりに使うことが多くなっています。

●USBメモリは、4GB~128GB(ギガバイト)の容量のものが一般的です。
USBメモリは、HDDなどと比べると保存できる容量は少ないですが、小さくて持ち運びに便利なのでちょっとしたデータの持ち出しに便利です。

光学ドライブ

パソコンの多くには、「光学ドライブ」が付いています。
「光学ドライブ」は「光学ディスク」を再生したり、データを書き込んだりすることができます。

補足
光学ドライブ
ディスクに対して、レーザー光線を使ってデータを読み書きすることから、光学ドライブと呼ばれます。

以上で「記録メディアの特徴と使い分け」の説明を終わります。