リカバリーディスクの種類と使い方




この記事は次の項目について書いています。
• 回復ドライブ・システム修復ディスク・システムイメージなど、リカバリーディスクの種類。
• それぞれのリカバリーディスクの違いについて。

リカバリーとは
リカバリーとはパソコンを工場出荷状態に復元することをいいます。

リカバリーディスクの種類

リカバリーディスクの種類には、「回復ドライブ」、「システム修復ドライブ」、「システムイメージ」などがあります。

回復ドライブ

回復ドライブはWindows7までは、リカバリーディスクと呼ばれ文字通り、CD-RやDVD-Rに作成されていました。

回復ドライブはWindows8から、USBメモリーに作成するようになりWindows10でもUSBメモリーに作成します。

回復ドライブの中には、Windows10を出荷状態に戻すための「リカバリー領域」というファイルが入っています。
Windows10を出荷状態に戻すためのファイルが入っていますので、Windows10が不調になった時には修正したり、HDDが壊れて新しいHDDに交換した場合にもWindows10を復元することができます。

システム修復ドライブ

システム修復ディスクはWindows7にあった機能で、光学ディスクに作成するものでWindows10でも作成することができます。

システム修復ディスクはWindows10が不調になったときに、「システム回復オプション」というプログラムを起動させるディスクです、

システム修復ディスクはWindows10を起動するための「リカバリー領域」のファイルが入っていません。

そのため、Windows10が起動しない場合やOSなどがインストールされたHDDが壊れた時には使えないことになります。

システムイメージ

システムイメージは、システムイメージを作成した時点のパソコンのCドライブの状態を、まるごとコピーすることです。

通常作成する場所は、内蔵HDDではなく外付けのHDDなどに作成します。

システムイメージがあれば、システムイメージの作成時点までのパソコンの状態に復元することができます。

システムイメージを使うことにより、再インストールをする場合より簡単に復元することができます。

時間的にも再インストールするより、短時間でできるようです。

回復ドライブとシステムイメージの必要性

パソコンはいつどんな故障があるかはわかりません。Windowsが起動できないということやHDDが壊れる場合も考えられます。

そんな場合でも、回復ドライブとシステムイメージがあれば、パソコンがどのような状態になっても、その時点のパソコンの状態に復元することができますので「回復ドライブとシステムイメージ」は、パソコンが正常なときに作成しておく必要があります。

「リカバリーディスクの種類と使い方」の説明を終わります。







スポンサーリンク