回復ドライブ・システム修復ディスク・システムイメージの役割




回復ドライブはWindows7までは、リカバリーディスクと呼ばれ文字通り、CD-RやDVD-Rに作成されていました。

回復ドライブはWindows8から、USBメモリーに作成するようになりWindows10でもUSBメモリーに作成します。

回復ドライブの中には、Windows10を出荷状態に戻すためのファイルが入っています。
Windows10を出荷状態に戻すためのファイルが入っていますので、Windows10が不調になった時には修正したり、HDDが壊れて新しいHDDに交換した場合にもWindows10を復元することができます。

リカバリーディスク(回復ドライブ)の特徴

パソコンを初期化(購入状態や工場出荷状態)するディスクです。

パソコンは起動するが、Widowsが起動しないときにも使用することができます。

OSなどがインストールされたHDDが壊れたときに、新しいHDDにリカバリーディスクを使用して再度インストールをすることで、購入状態にすることができます。

リカバリーディスクで初期化をすると、それまでにインストールしたソフトウェアや作成したデータなど購入後に加えられた変更はすべて消えてしまいます。

リカバリーディスクがパソコンに付属している場合と付属していない場合があります。

リカバリーディスクが付属していない場合は作成する必要があります。

リカバリーディスクが付属していないパソコンは、ハードディスクの中にリカバリー領域というのが作られています。

このリカバリー領域を使用して、リカバリーディスクを作成することができます。

作成の方法は、購入したメーカーによって違うので、マニュアルを見て確認する必要があります。

リカバリーディスクがあれば、パソコンがどのような状態でも(パソコン自体が起動できるという状態)再インストールをすることで、Windowsを立ち上げることができます。

回復ドライブはバックアップの重要なものなので、パソコンが正常な状態のときに必ず作っておく必要があります。

システム修復ディスクの役割

システム修復ディスクはWindows7にあった機能で、光学ディスクに作成するものでWindows10でも作成することができます。

システム修復ディスクはWindows10が不調になったときに、「システム回復オプション」というプログラムを起動させるディスクです、

システム修復ディスクはWindows10を起動するためのファイルが入っていません。

そのため、Windows10が起動しない場合やOSなどがインストールされたHDDが壊れた時には使えないことになります。

システムイメージの役割

システムイメージは、システムイメージを作成した時点のパソコンのCドライブの状態を、まるごとコピーすることです。

通常作成する場所は、内蔵HDDではなく外付けのHDDなどに作成します。

システムイメージがあれば、システムイメージの作成時点までのパソコンの状態に復元することができます。

システムイメージを使うことにより、再インストールをする場合より簡単に復元することができます。

時間的にも再インストールするより、短時間でできるようです。

回復ドライブとシステムイメージの必要性

パソコンはいつどんな故障があるかはわかりません。Windowsが起動できないということやHDDが壊れる場合も考えられます。

そんな場合でも、回復ドライブとシステムイメージがあれば、パソコンがどのような状態になっても、その時点のパソコンの状態に復元することができますので「回復ドライブとシステムイメージ」は、パソコンが正常なときに作成しておく必要があります。

回復ドライブ・システム修復ディスク・システムイメージの役割 の説明を終わります。




スポンサーリンク