OpenOfficeのインストール




スポンサーリンク



OpenOfficeのインストール

Windowsでよく使われている表計算や文書作成ソフトは、「Microsoft Office」というソフトに入っているExcel(エクセル)やWord(ワード)があります。

とても使いやすいソフトですが、価格が高いのが難点です。

これと同じようなソフトに、OpenOffice(オープンオフィス)というソフトがあります。

このソフトは無料で使えるものなので導入してみましょう。

このソフトは無料で使えるものですが、ソフトを提供しているのは、SunMicrosystems(サンマイクロシステムズ)というとても有名な会社ですから安心して使えます。

Microsoft OfficeとOpenOfficeの互換性

Microsoft OfficeとOpenOfficeには互換性があります。

OpenOfficeのカルクやライターは、エクセルやワードで作成されたファイルを読み込んだりすることができます。

Microsoft Officeに対する、OpenOfficeのアプリケーション名は次のようになっています。

Excel(エクセル)…Calc(カルク)
Word(ワード)…Writer(ライター)
Powerpoint(パワーポイント)…Impress(インプレス)

OpenOfficeのダウンロード

OpenOfficeのダウンロードは、日本語サイトがありますので次のURLをクリックしてください。

無料総合オフィスソフトウェア – Apache OpenOffice 日本語プロジェクト

TOPページのダウンロードをクリック

使用しているパソコンに適合するOSを選択、
言語が日本語になっていることを確認して

「Download full installation」をクリック

次のような画面が表示されます。

しばらく待つと、ダウンロード先の画面になります。

どこに、ダウンロードされるのか覚えておきましょう。

ここでは、デスクトップにダウンロードされます。

保存をクリック

デスクトップに「OpenOffice」がダウンロードされました。

OpenOfficeのインストール方法

OpenOfficeのアイコンをWクリック

デバイスの変更の確認画面が出るので、「はい」をクリック

セットアップウィザード画面で、次へをクリック

インストール先画面はデフォルトでOK

インストールをクリック

次へをクリック

次へをクリック

通常になっているのを確認して、次へをクリック

デスクトップ上にスタートリンクを作成のチェックを確認

インストールをクリック

インストールの完了画面になります。

完了をクリック

デスクトップにOpenOfficeのプログラムアイコンができました。

OpenOfficeソフトの起動

デスクトップのOpenOfficeのアイコンをWクリック

OpenOfficeソフトが起動します。

表計算ドキュメントをクリック

表計算ドキュメントのCalc(カルク)が開きます。

アプリをピン留めする

OpenOfficeソフトを起動させると、タスクバーにアイコンが表示されます。

タスクバーのアイコンを「右クリック」する。

「タスクバーにピン留めする」をクリック

タスクバーにピン留めできたので、ソフトを終了してもタスクバーにアイコンがあります。

次回起動するには、タスクバーのアイコンをクリックするだけで起動することができます。

以上で「OpenOfficeのインストール」の説明を終わります。




スポンサーリンク