Wi-Fiと無線LANの違いは何?




WI-FIと無線LANの意味と違いを説明します。

無線LANにはどのような規格があり、それぞれにどのような特徴があるのかなど、無線LANの規格による長所と短所について簡単に説明します。

また、WI-FIとはどういうものなのか、について説明します。

現在では、Wi-Fi(ワイファイ)=無線LAN と考えても間違いではないと思います。

LAN とは

家庭や会社などで、パソコンなどを通信回線でつなぎデータのやり取りをするネットワークのことを、LAN(Local Area Network)と呼んでいます。

データのやり取りをするのに、パソコンとルーターをLANケーブルで接続しているものを、「有線LAN」 といいます。

また、パソコンとルーターを電波を使って接続するものを「無線LAN」といいます。

無線LANの規格

無線LANの規格に「IEEE802.11」というものがあります。

通信規格の中に、「11a」、「11b」、「11g」、「11n」、「11ac」があり、次の表のような特徴があります。

規格 周波数帯 最大通信速度 特 徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けやすい
・障害物に強い
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けやすい
・障害物に強い
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けやすい
・障害物に強い
5GHz 600Mbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps ・家電製品やBluetoothの干渉を受けにくい
・障害物に弱い

無線LANの接続は「親機」と「子機」が必要

親機…「無線LANルーター」を指します。

親機の通信規格
最近の親機は、IEEE802.11ac、IEEE802.11n/a/g/b のようにすべての通信速度に対応しているが多いです。

子機…パソコンやタブレットなどのことを指します。
最近は、パソコンに子機が内蔵されているものがあります。

パソコンに子機が付いていない場合は、USB端子に接続できる子機が販売されていますので、それを付けることで無線ルーターに接続することができます。

子機の通信規格
親機がIEEE802.11acに対応していても、子機がIEEE802.11n/a/g/b だけですと、11ac には接続できませんので注意が必要です。

Wi-Fiと無線LANの厳密な違い

簡単にいえば、Wi-Fiは無線LANの規格の一種だといえます。

無線LANが市場に出始めたころ、色々なメーカーが無線LANの機器を発売しましたが、メーカーが異なると機器同士が接続できないという問題がありました。

そこで、「Wi-Fi」という団体が、無線LANの標準規格である「IEEE802.11シリーズ」に、接続できるかどうかをテストしました。

そして、Wi-Fiに接続できる機器については、「Wi-Fi」という名前を付けられることになりました。

これが「Wi-Fi」認証というものです。製品の箱などに「Wi-Fi」対応とある者同士であれば、接続が保証されていることを示しています。

現在では、無線LAN機器のほとんどがWi-Fi認証のものなので、一般的に無線LANのことをWi-Fiと呼んでいるようです。

Wi-Fiと無線LANの違いは何? の説明を終わります。




スポンサーリンク