初心者用!自宅でWi-Fiを使うためのつなぎ方

自宅でWi-Fiが使える環境にすると、パソコンやタブレット、スマートフォン、インターネット機能付きのテレビなど、家庭内の機器をWiFiで使うことができます。

ここでは自宅でWi-Fiを使うためのWi-Fi機器のつなぎ方を説明します。

自宅でWi-Fiを使うために必要なもの

★ Wi-Fiを使うために必要なもの

• 光回線やADSLなどのインターネット回線があること。
• Wi-Fiの電波を送るWiFiルーター(無線LANルーター)
• 機器をつなぐための、LANケーブルなどが必要です。

1.WiFiルーターには複数の機器(パソコンやスマホなどの端末)を接続することができます。
2.WiFiルーターは「アクセスポイント」(親機)としての役割があります。
3.パソコンやスマホなどの端末は「子機」として、アクセスポイントに無線で接続して使うことになります。

Wi-Fi接続のイメージは次のようになります。

WiFiルーターのつなぎ方

ONU(回線終端装置)、ひかり電話対応のルーター、WiFiルーターなどの通信機器がありますが、これらはそれぞれの機器が単独のものや、組み合わせた機能を持つものなどいろいろなものがあります。

ONU→ルーター→WiFiルーター接続の場合(ひかり電話対応)

それぞれの機器をLANケーブルで、次のようにつなぎます。
1.ONUからのLANケーブル→ルーターの「WAN端子」へ接続します。
2.ルーターの「LAN端子」からのLANケーブル→WiFiルーターの「WAN端子」へつなぎます。

ONU→WiFiルーター接続の場合

それぞれの機器をLANケーブルで、次のようにつなぎます。
ONUからのLANケーブル→WiFiルーターの「WAN端子」へ接続します。

接続ができたら機器の電源を入れれば、最近のWiFiルーターは特に問題はなく起動すると思います。

WiFiルーターとパソコンやスマホなどのつなぎ方

WiFiルーターをインターネットに接続すれば、アクセスポイントとして機能するはずです。

★ パソコンをWiFiでつなぐ方法

パソコンの通知領域にある「インターネット」のアイコンをクリックします。

近くにあるSSID(WiFiルーターの名前)が表示されます。
WiFiルーターを使用するには「パスワード」が必要になりますので、自分のSSIDしか使えません。
SSIDとパスワードはWiFiルーターに記載されています。

使用するSSIDをクリックします。
接続をクリックします。

パスワードの入力をして、「次へ」をクリックします。

「接続済み」になり、WiFiが使えるようになります。

タブレットやスマホなども基本的には、WiFiの画面から自分のSSIDを選びパスワードを入力すれば、接続できます。

SSIDやパスワードは、大文字小文字などの区別がありますので注意して入れてみてください。

WiFiが切れている時

図のように「Wi-Fi」のアイコンが青くなっていないときは、Wi-Fiが接続されていません。
Wi-Fiのアイコンをクリックすれば「青く」なって有効になります。

Wi-Fiがつながると図のように「WiFi」が青くなリます。

以上で「初心者用!自宅でWi-Fiを使うためのつなぎ方」の説明を終わります。